ビジネスフォンが故障したときの3パターンの対処法とは?

ビジネスフォンが故障したときの3パターンの対処法とは?

ビジネスフォンは基本的に頑丈に作られていますが、長年使っていると故障することがあります。
しかし、そう度々故障するケースはないので、実際に故障したとき「どう対処すればいいのか!」と慌ててしまいますよね。

故障の程度によって対処の仕方は異なりますが、基本的な対処法として3つのタイプの対処法があります。
ということで今回は、「ビジネスフォンが故障したときの対処法を知りたい!」という方へ、基本的な3パターンの対処法などご紹介していきます。

1.ビジネスフォンが故障したときに表れる症状

ビジネスフォンが故障したときに表れる症状
一般的にビジネスフォンと呼ばれるものは、「主装置」と「専用電話機」がセットになったものがビジネスフォンになります。

主装置は「小型の電話交換機」になり、外線や内線、転送などを制御するほか電話帳などを記憶する役割を果たすビジネスフォンの頭脳にあたる重要な機器です。

ビジネスフォンが故障したときに表れる症状とは?

ビジネスフォンの電話機や主装置は頑丈に作られているので故障することはほとんどないですが、長年使い続けるうちに機器や配線が劣化して故障することがあります。

ビジネスフォンが故障したときに表れる症状は主に以下のようなものがあります。

【ビジネスフォンが故障したときの表れる症状】

  • 電話機の液晶モニターが消える
  • 通話中に雑音(ザーザー、ジージーなど)が入る
  • 相手の声が聞こえないor相手に聞こえていない
  • 電話の着信音が鳴らない
  • 電話の転送ができない
  • 最悪のケースは電話の発着信ができなくなる

など、ビジネスフォンが故障したとき以上のような症状が表れます。

そこで、新品ビジネスフォンを導入するとき、販売業者との間で定額保守やスポット保守といった保守契約を結んでいれば、定期保守は無償で、スポット保守でも低料金で復旧してくれます。

2.ビジネスフォンが故障したときの3パターンの対処法

ビジネスフォンが故障したときの3パターンの対処法
ビジネスフォンの故障の特徴として、1台の電話機だけ症状が表れることが挙げられます。

一般的にビジネスフォンの配線は「スター配線(主装置から専用電話機1台に対して1本の配線をする配線方式)」という配線方式が採用されているため、1台の電話機だけ症状が表れるケースが多いのです。

そのように1台だけ故障の症状が表れるときは、ケーブルを指し抜きしたりケーブルを交換したりといった簡単な対処法で解消することがあります。また、もう一つの対処法として、主装置の電源をOFFにして5~10分待ってから電源をONにする操作を行えばトラブルが解消することもあります。

それでも問題が解消されないときや複数の電話機で故障の症状が表れるときは、故障の程度によって以下の基本的な3つのパターンのいずれかで対処する必要があります。

  • 電話工事業者に依頼して修理してもらう
  • 故障した機器のみ買い替える
  • 新たに新品or中古ビジネスフォンに入れ替える

このような対処を行う際は、まず当初に購入した販売業者や工事業者に現地を確認してもらい、業務に支障がでないように適切な方法で対処していくのが重要です。

しかし、主装置が故障して機能しなくなる最悪のケースでは、主装置だけ交換するよりも新たなビジネスフォンに入れ替える方が良いでしょう。その際、最初に導入したときのように、新品ビジネスフォンか中古ビジネスフォンかを選ばなければなりませんが、特別な理由がない限り新品よりも中古ビジネスフォンの購入をおすすめします。

そこで、どの販売業者を選べばいいのか?となりますが、最初に購入した販売業者が一番かと思いますが、販売業者がなくなった!というケースがあります。

そのときは新たに販売業者を探す必要はありますが、個人的に「OFFICE110」がおすすめです。
日本のビジネスフォンメーカーのすべての機種の新品・中古が揃っているほか、「まるごと0円ビジネスフォン」などのキャンペーンを行っており、ビジネスフォンを安く入れ替えることができます。またOFFICE110は電話工事などの工事も行っており、トータルで依頼することもできます。

ビジネスフォンの入れ替えを検討する際は『OFFICE110』で探してみてはいかがでしょうか。

3.まとめ

専用電話機と主装置のセットがビジネスフォンになり、長年使っていれば故障するケースがあります。
ビジネスフォンの設置する仕組みから1台のみ故障する特徴があり、そのときは簡単な対処をすれば改善する可能性があります。

しかし、複数の電話機に症状が表れるときは主装置の故障が疑われ、故障の程度によってご紹介した3パターンのいずれかの方法で対処するようになります。

故障が疑われる症状が表れたときは、まずは販売業者や工事業者に現地を確認してもらい、できるだけ費用が抑えられる方法を選ぶようにしましょう。

関連記事

  1. ビジネスフォンの主装置が故障して壊れたときの対処法!

    ビジネスフォンの主装置が故障して壊れたときの対処法!原因は落雷?

  2. 電話が故障した時の問い合わせ先はどこ?状況別の問い合わせ先を紹介

    電話が故障した時の問い合わせ先はどこ?状況別の問い合わせ先を紹介

  3. 雑音が入るのは電話機の故障?ノイズが入る原因と適切な対処法

    雑音が入るのは電話機の故障?ノイズが入る原因と適切な対処法

  4. 光回線電話が故障してる!?故障の見分け方と問い合わせ先を紹介!

  5. 固定電話が故障した時の症状とは?家庭用とビジネスフォン別に解説

    固定電話が故障した時の症状とは?家庭用とビジネスフォン別に解説

  6. 電話の故障原因を調べる方法を紹介!取るべき手順はこれ!

    電話の故障原因を調べる方法を紹介!取るべき手順はこれ!

PAGE TOP

電話の故障

雑音が入るのは電話機の故障?ノイズが入る原因と適切な対処法

雑音が入るのは電話機の故障?ノイズが入る原因と適切な対処法

電話の故障

ビジネスフォンの主装置が故障して壊れたときの対処法!原因は落雷?

ビジネスフォンの主装置が故障して壊れたときの対処法!

電話の故障

ビジネスフォンが故障したときの3パターンの対処法とは?

ビジネスフォンが故障したときの3パターンの対処法とは?

電話の故障

固定電話が故障した時の症状とは?家庭用とビジネスフォン別に解説

固定電話が故障した時の症状とは?家庭用とビジネスフォン別に解説

電話の故障

光回線電話が故障してる!?故障の見分け方と問い合わせ先を紹介!